So-net無料ブログ作成
検索選択

在庫情報と入荷予定 [ヤドクガエル]

 やっと桜がちらほら咲き出しましたが、花冷えの一日でした。

 この分では週末までに満開になりそうではありません。

 例年より遅い花見になりそうです。


 お客様から在庫の問い合わせがありました。せっかくの機会ですからこちらでも紹介させていただきます。

 同時に近々輸入予定のカナダ便及び国内CBも合わせて紹介します。

 すべて神戸レプへ持参予定です。

 ご予約で会場引渡しの方はご連絡ください。

 もちろん、それ以外の方にも販売します。神戸レプで売り切れる前にご注文ください。

 なお、カナダ便は輸入するまで予約価格で販売します。


 また、何度か告知しましたが、東京レプ前にもう一度カナダ便が入ります。

 新ヨーロッパ便も発注しました。初めての国なのでサイテス取得にどの程度期間が必要か不明です。サイテスが取得できた時点で予約を取りたいと思います。

 大阪レプ前には取れると思います。

 イチゴ便はジャパンレプをめどに輸入する予定です。


アルミランテ 2匹

ソール 9匹

アラニス 4匹

モウドク イエロー 3匹

ミイロ サンタイザベラ 4匹

ミイロ リオ 2匹

バンゾリーニ 3匹

アシグロ オレンジ 3匹

ナンシー 1匹

プンタロレント 8匹

ラスタブラス 3匹

エスペランザ ブルー 7匹

エスペランザ レット 2匹

ラーマシー オレンジ 2匹

ソルトクリーク 3匹

シルバティカ 4匹

バリアビリス エスカレーラ 1匹

フラボビッタタ 1匹

以上です。


今月 13日にカナダ便が入荷します。

オイヤポック 4匹

コバルトヤドクガエル 6匹

マイクロスポット 6匹

マダラ レティキュレーティド 4匹

キオビ ギアナバンド 4匹

レティキュレータス 10匹

モウドクフキヤ ミント 6匹

モウドクフキヤ イエロー 4匹


15日入荷予定の国内CB

バンゾリーニ 20匹

フラボビッタタ 5匹

ノミナール 5匹

ベネディクタ 5匹

IMG_0287.JPG



nice!(1)  トラックバック(0) 

春の体調 [ヤドクガエル]

 冬が過ぎ春本番となってきました。当地の桜はまだまだですが・・・

 季節の変わり目にはヤドクガエルの体調が変化します。

 エアコン管理をしていても設定温度ほど気温が上がらなかったり下がらなかったり!

 特に、気密性の低い木造建築アパートは注意が必要です。


 最近、昨年から調子が良かった個体が体調を崩して・・・等の質問が急増しています。

 共通した事柄は、順調に来ていたカエルが春が近づくにつれやせ気味になって・・・


 他からの生物の混入もなく、餌も十分に与えていたのに体調を崩す心がないと異口同音です。

 一つ一つ原因をつぶしていくと、一番怪しいのが温度不足です。


 ヤドクガエルは一過性の低温には強いです。例えば、数時間15℃の環境下においても問題ありません。さらに低温でも耐えることができます。

 よって、冬季でも発送は可能なのです。

 しかし、これが落とし穴。


 長時間低温にさらすと整理障害をお越し体調を崩し最終的には雑菌侵されます。そして、痩せていき・・・


 具体的に言うと最高気温が22℃で1月くらい飼育すると体調を崩すモルフもいます。

 日中は最低26℃ほどに温度を上げ、その間に餌を消化させたり新陳代謝をさせるべきです。

 昼と夜と寒暖の差を5℃ほどつけ管理するのが理想です。


 最高気温26℃、夜間22℃がベストだと言われています。

IMG_8718.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

写真提供 [ヤドクガエル]

 昨日に引き続き公共施設への協力です。

サイエンスワールド
岐阜県先端科学技術体験センター

にヤドクガエルの写真を提供することになりました。

ヤドクガエルをモチーフにしたミニ工作をされるそうです。その際の、色見本としてヤドクガエルの写真を使われるそうです。

いろんなところで、ヤドクガエルに興味を持っていただきありがたいことです。

昨日の繰り返しになりますが、ヤドクガエルを販売するだけでなく社会奉仕にも力を入れたいと思います。



堅苦しいことは言いません、当店を使っていただける方はお気軽にお申し出ください。


当店のブログは、思いのほか水族館・動物園・科学館などの公共施設・放送関係など方々がご覧になっているので驚きます。

また、イベント企画会社・同業者・ペットショップ関係者も数多く見られているようです。


写真提供やカエルのレンタル含めお役にたてることは何でも快諾します。

もちろん、幼稚園・小学校中学校のクラス単位、小グループでも必要なときは声をかけてください。

IMG_8631.JPG


nice!(0)  トラックバック(0) 

うみうみ [ヤドクガエル]

 偶然に大分の水族館「うみたまご」と佐世保の水族館「海きらら」から問い合わせがありました。

 うみたまごには、バンゾリーニ、ソール、ノミナールを納入することになりました。

 近日中に公開されると思います。

 水族館を見学に行かれた際は、ぜひご覧ください。

 また、うみきららは担当者とお話をしました。昨日入荷したモウドクのイエローレンタルすることで話が進んでいます。ただし、受け入れ準備もあるようですので、最終決定ではありません。

 決定したら、当ブログで紹介させていただきます。

 大分のうみたまご、香川の新屋島水族館、大阪の海遊館、札幌の丸山動物園、板橋動植物園ほか多くの公共施設(地方の科学館など)に当店のヤドクガエルが行っています。

 多くの子供たちを楽しませ、感動させているヤドクガエルを納入していることを誇りに思います。

 また、科学館などへの写真や資料の提供も行っています。

 一般の愛好家の方、専門業者の方、それに水族館などの公共施設へのカエルの提供が、当店の3本柱です。

 公共施設への提供やレンタルは、当店のランドセル事業との2本柱の社会奉仕だと考えています。

IMG_0410.JPG

うみたまごには、
このペナバランカも行きます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

買い取り個体紹介 [ヤドクガエル]

 お客様からの買い取り個体を紹介します。

 IMG_0429.JPG

この個体アダルトです。

IMG_0430.JPGIMG_0427.JPG

この2匹は僅かに黒点が残るほぼアダルトの個体です。

3匹とも完全にアダルトの大きさをしています。

間もなく産卵しそうな個体です。

このサイズが流通することは年に1度あるかないかです。

出ものです。

IMG_0432.JPGIMG_0431.JPG

アダルトサイズのアラニスです。

ビックリするくらい大きな個体です。

即繁殖可能です。

このサイズもめったに出ません。


価格は直接お問い合わせください。

早い者勝ちです。

売れなければ神戸レプに持って行きますが、現物を見たら必ず買いたくなる個体です。


当店の
の太鼓判です。

nice!(0)  トラックバック(0) 

最近業者様が多い [ヤドクガエル]

 当店では極端な品薄状況が続いておりますが、そんな状況でも順調に販売は進んでおります。

 いよいよ底を尽きかけた状態になってきました。

 そんな中、ここ最近業者様からのお買い上げが急増しております。

 以前は、9割がた個人の愛好家の方がご利用いただいておりましたが、今年に入っては半数近くが業者様になっています。

 卸価格を少々安くしましたが原因はそれだけではないようです。

 当店で仕入れした後、販売しても元が取れる状況になっているのでしょう。

 言い換えると、ヤドクガエルが高止まりの価格で流通していることが考えられます。


 もちろん、個人様と業者様の比率の話で絶対数の話ではありません。

 個人様のご利用数(購入金額)は徐々に増加しておりますので、全体では販売量が増加傾向になっています。

 当店から購入された多くのショップ様が取り扱いを始められ、また個人消費も伸びておりますので、本格的ブームが到来したようです。


 おそらく、以前からヤドクガエルを取り扱われている業者も販売量が急増しているのではないでしょうか。


 もし、販売量が急増していないのなら何らかの原因(価格や技術、アフターサービス、経営方針、人柄など)で一般消費者に敬遠されているのでしょう。

 まぁ、そのような業者はないと思いますが・・・?

 いずれにせよ、ヤドクガエル業界は好景気になっていると思います。


 明日、買い取り品のモウドクフキヤガエル イエロー3匹とアイゾメ アラニス4匹を紹介します。

 現物を見ておりませんが、イエローの1匹はアダルト、残り2匹も3センチ以上で黒色が僅かに残る個体だと聞いております。

 また、アラニスは成体で゜す。


 入荷前ですが、興味がある方は直接お問い合わせください。

IMG_0059.JPG


nice!(0)  トラックバック(0) 

ホームページ更新について [ヤドクガエル]

 東京では桜が咲いたそうですね。

 当地はまだつぼみが固く、後1週間くらいかかりそうです。

 最近ホームページの在庫情報の問い合わせが頻繁に来ております。そのことからもシーズン突入の気配を感じます。

 しかし、残念なことに輸入ができておりませんので、ホームページを更新しておりません。

 申し訳ありません。

 近日入荷のカナダ便が入荷したら更新します。

 それまで待てない方は、直接お問い合わせください。

 リアルタイムの在庫状況をお知らせします。

IMG_0406.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

発送のアドバイス [ヤドクガエル]

 長らく入荷していなかったカエルがそろそろ入荷します。また、その後は秋までに1月に一度程度の割合で入荷する予定です。

 もちろん、イベントへ参加し直接購入していただくチャンスも多くありますが、地方の方や忙しい方は通販で購入される方が大半です。

 そこで一番の関心ごとは発送の安全性だと思います。

 このブログでも何度か取り上げていますが、発送に関しては絶対の自信がありますのでご安心ください。

 理由は取り扱い実績の多さと、細心の気配りをしているからです。

 大手通販のように機械的に発送はしません。


 発送する地域や発送時の気温や天気、交通状況まで予測して発送しています。

 完璧な梱包に加え、お客様の状況に合わせて発送するので事故を極端に少なくできるのです。

 冬季は予測不可能な天気の変化や交通の乱れが発生するので翌々日午前中着の地域までの死着保証はしておりませんが、気候が安定すれば死着保証で発送します。

 また、厳寒期であれ二重箱利用であれば、どの地域でも死着はありません。


 ここまでは、毎回書いていることなので割愛してもよい内容ですが・・・・


 実は新しいタイプの事例が発生したので報告します。

 前述のようにお客様に合わせて発送日や方法をアドバイスさせていただいておりますが、申し入れを断られカエルが万全の状況で届かなかった事例です。

 幸い死着ではなかったようですが、仮死状態での到着で受け取られてお客様も不快な思いをされたようです。

 しかし、根本的なことですが、当店のアドバイスを聞き入れておられたらそのような状態にはならなかったと考えられます。もう少し強く勧めるべきであったと反省しております。

 簡単な内容は次の通りです。

 ◎発送日の気温天候を考慮して発送日を提案したが、お客様判断で1日早い発送日を指定された。

→当店は気温と共に天気も考慮して発送しています。特にこの時期は微妙な気温ですのでなおさらです。しかも、当店では単純に最高と最低気温を目安に発送日を決めていません。お届け先までの各地の天気と気温、どの時間帯に最低気温が来るかも考慮します。

 ◎ご自宅までの配送を希望された。

→微妙な気温の時期なので営業所止めを勧めましたが、お忙しかったのか自宅までの配送を希望された。自宅到着時に中が冷え切っていたとの連絡があったので、クール扱いにされた可能性がある。この時期なので中が冷え切ることは考えられない。
 発泡スチロール梱包なので市中配送のドライバーがクール扱いにすることが稀に起きています。ドライバーの悪意ではないのでどうにもなりません。

 ◎通常梱包を希望された

→今の気温であれば通常梱包で発送します。しかし、寒の戻りや地域によっては二重梱包をお勧めします。もちろん、二重梱包であれば今の気温でも死着保証はします。通常梱包では、カイロを使用することは不可能です。保温材のみの梱包になるのでやや不安が残ります。


このように状況が重なり発送事故が発生したと考えられます。

お金や時間が関係するので、発送方法の最終決定はお客様にお願いしますが、当店の発送アドバイスも参考にしていただければ、発送事故ゼロも可能だと考えております。

このような内容を取り扱うことは、当事者のお客様が不愉快になられるかと思いますが、同じような悲劇を繰り返さないように報告させていただきました。

IMG_8902.JPG


nice!(0)  トラックバック(0) 

春の餌 [ヤドクガエル]

 今日は暖房も必要ありません。冬を越し初めて薪ストーブに火を入れませんでした。

 春本番を迎えた気がします。

 昨日、お客様からキイロショウジョウバエの問い合わせがありました。餌切れで困られている様子でした。しかし、季節的に今餌切れを心配する必要はありません。

 大都会では無理でしょうが、少し郊外に出れば田のあぜ道やちょっとした空き地にカラスノエンドウが生えています。

IMG_0425.JPG

写真のようにアブラムシがびっしりついているものを簡単に見つけることができます。

この写真は、今日撮影したものです。

当地では5月の連休くらいまで見つけることができます。

ヤドクガエルの餌として十分使えます。


その間に、ショウジョウバエをしっかり増やすようにアドバイスさせていただきました。

nice!(0)  トラックバック(0) 

光量が難しい [ヤドクガエル]

 明日は自宅周りで「佐賀さくらマラソン」があります。

 交通規制で外出もままならない状況になります。走る人はいいのでしょうが、地域住民は大きな迷惑です。そう思うのは私だけでしょうか。

 いっそのこと私も走って楽しみましょうか。


 今日は70キロほど離れたところへ納品に行きました。

 季節もよくなってきたのでバイクツーリングがてら行きました。

 寒くもなくとても気持ちが良かったですよ。


 春先に苔棚を造り、そこで苔を管理しています。

 立体的に棚を造り寒冷紗で遮光しているのですが、光量の調節が難しい。

 決まった光しか出ない(与えない)ビバリウムで光量を調整するのは難しくありません。

 苔の状況を見ながらライトを増やしたり減らしたり、ライトからの距離を調節したりと、飼育者の思いのままにできるわけです。

すると、写真のように調子よく木に張り付いてくれます。

IMG_0408.JPG

 しかし、屋外で管理していると季節と共に光の強さや量が変わり、気を抜くと乾燥させすぎて葉をまいたり、湿気が多すぎで茶変したりと・・・・・

 まだまだ私の管理技術が未熟なようです。

 苔はすぐに復活するので、イベントまでには帳尻を合わせしっかりした苔を持参したいと思います。

 
nice!(0)  トラックバック(0)