So-net無料ブログ作成
検索選択
ヤドクガエル ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ドイツは先進国 [ヤドクガエル]

ルフトハンザ航空で輸入することになった。初めての航空会社なのでいろいろ質問をしてみた。実は、ドイツの航空会社を使うことが初めてでした。

輸送事故が発生しないよう航空会社と綿密な打ち合わせをした。今年の初めのような死着事故は懲り懲りしたので、石橋をたたいて渡る気持ちで事務手続きをした。

その中で、さすがに動物愛護の先進国だと思ったことがある。

発送までカエルを保管してくれる動物室には、獣医師が常駐しているとのこと。

これには驚いた。

日本の航空会社では考えられないサービスだ。

カエルの状態を問い合わせたところ、獣医師がすべて問題なく元気にしていると報告をしてくれた。

私は、少々航空運賃が高くなっても、サービスのしっかりした飛行機会社を使いたい。

しかし、シッパーによっては、なにやかやと理由をつけ安い航空会社を使おうとする。

どうにかならんのかな。

IMG_0171.JPG

人気のぬいぐるみ

nice!(0)  トラックバック(0) 

アルゴスティマ [ヤドクガエル]

アルゴスティマをお客様から委託されました。

詳しいことは分かりませんし、どの程度価値のあるものかも分かりません。

ジャパンレプで販売する予定です。

たぶん安いと思います。興味のある方はご覧ください。

IMG_0570.JPGIMG_0573.JPGIMG_0574.JPGIMG_0575.JPGIMG_0571.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

ジャパンレプ持参リスト [ヤドクガエル]

 今週末静岡で開催のジャパンレプの持参リストです。

★ヤドクガエル

ハイユウ ブルー
ハイユウ アンチカヤ
ハイユウ タド
リマーニ レット
マダラ コロンビアブルー
マダラ コロンビアイエロー
アイゾメ ブラジル
シレンシス オレンジ
シレンシス レット
モウドク イエロー
モウドク ミント
アイゾメ ソール
アイゾメ アラニス
マダラ キャンパナ
コバルトヤドクガエル
フラボビッタタ
アマゾニカ イキトス
バンゾリーニ
アイゾメ パウダーブルー
アイゾメ シトロネラ
イーミテーター タラポト
マダラ スーパーブルー
マダラ レティキュレィテット
アイゾメ オイヤポック
セマダラ ブルー
イチゴ アルミランテ
イチゴ プンタロレント
アイゾメ コバルト
レティキュレータス
イーミテーター バラデロ
バリアビリス ジャイアント
キオビ ギアナバンド
ファンタスティカ ローランド
アイゾメ アウラペ
イーミテーター バハ ワガヤ
イーミテーター カイナラチ
ファンタスティカ ノミナール
イーミテーター チャズタ

★苔

ハイゴケ
コツボゴケ
アオギヌゴケ
ツヤゴケ
シノブゴケ
シラガゴケ
ヒノキゴケ

ぬいぐるみ

★飼育教本

セット済みビバリウム(小)

★アルゴスティマ 少々

会場でお待ちしております。

びっくり価格のヤドクも用意しております。


目の保養にお越しください。

リマーニレット (1).jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 

産卵床に産んで [ヤドクガエル]

今日も朝から気温がうなぎ登りです。

今年の夏は暑いと予想されていたが、まさにその通りになっています。それに、台風が多いのも特徴ですね。

7月だけで7個も発生しているそうです。

台風5号は長寿台風として記録に残りそうな勢いです。また、この台風は静岡のジャパンレプにも大きな影響を与えそうな感じになつて来ました。

嫌な感じです。

個人的にも気になります。毎年静岡駅付近のセンチュリーホテルかアソシアホテルに宿泊していたのですが、今年は山間の温泉泊まる予定にしています。

道路の寸断や崖崩れはごめんです。

今から変更しょうかな[?]


今日は、朝からモンテクリステのおんぶを見ました。

おんぶはいつ見ても癒やされますね!しかし、何処に産卵しているのか?一度も卵を見ていません。

不思議です。

不思議と言えば、もう一つ。

巨大なアシグロオレンジが、ポトスの上に産卵していました。どうやって産卵したのでしょうか?自分の重さで葉は下がり産卵できなさそうなのですが・・・

これで受精をしていたら2匹乗っていたことに・・・信じ難い。

結果は数日後に!

どちらのモルフも産卵床に産んでくれればいいのにね!

IMG_0529.JPG
nice!(0)  トラックバック(0) 

モウドクイエローの産卵 [ヤドクガエル]

輸入時に非常に小さかったので、当店で飼育していたモウドクフキヤガエルのイエローが、いつのまにか大きくなっていました。

最近大きな声で鳴いていると思っていたら、数日前に産卵し受精をしていました。

小さく売れ残った個体がここまで成長すると感動ものです。

病弱だった子供が立派に成人した気持ちになります。

今後、たくさん子供を育ててくれると思っています。

そういえば、以前、札幌の丸山動物園に納品したカエルもモウドクフキヤガエルのイエローでした。

順調に成長し多くの子孫を残してくれました。

そして、その子孫たちは海外の動物園へトレード要員として引き渡されました。

当店から巣立っていったカエルたちが、再度海を渡り海外の動物園で活躍しているとは嬉しい限りです。

今回の産卵で、その当時のことを思い出しました。


IMG_8496.JPG


nice!(0)  トラックバック(0) 

イチゴ便 [ヤドクガエル]

待望のイチゴ便の手配が動き出しました。

本日サイテス申請をしたと連絡がありました。

早ければ9月には輸入できると思います。

イチゴを160匹輸入する予定です。

どのモルフが入るかは、今から交渉します。

リクエストは、バスティメントス(レット、ホワイト)、ソルトクリーク、コロン、エスクード、ナンシーをする予定です。

それ以外で希望のモルフがあれば、ご連絡ください。

リクエストします。

IMG_8631.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

輸入の行く末 [ヤドクガエル]

ヤドクガエルの輸入が年々難しくなりつつあることは、常々ブログで書いている通りです。

 特に、中南米からの輸入は日に日に厳しくなっています。

 現実、数年前までは養殖と称してワイルド個体が混入されていたこともあったようです。

 

 証拠もなければ、線引きもできないので現在流通しているヤドクガエルを否定することはできません。


 これは過去の話。

 今後はどうなっていくのでしょうか。


 先日、水族館の方とお話をした際、気になることがありました。

 今後、国内にラッコが輸入されることはないそうです。

もちろん、海外の水族館で繁殖した個体は、輸入可能なのでしょうが、日本に輸出してくれる国はないそうです。

今現在、日本にいるラッコは、年々減少しているそうです。新しく輸入できなければ、遠くない将来愛くるしい生きたラッコを国内で見ることができなくなるそうです。

意味合いは少々違うと思いますが、ヤドクガエルが同じ道をたどらないことを願うばかりです。

IMG_0509.JPG


nice!(0)  トラックバック(0) 

餌の発送について [ヤドクガエル]

 ヤドクガエルの餌は好評でコンスタントにご注文をいただいております。最近は、定期的に定量を購入していただけるお客様もおられます。

 ひと月に60パックの注文とかも。

 そこで、発送方法について確認させていただきます。

 大口のお客様以外、ミニレターパックでの発送になります。

 宅配とは異なり、ポスト投函になります。

 また、餌関係の死着保証はしておりません。

 少しでも安全な引取りをご希望の際は、価格的に高くなりますが宅配便をご利用ください。

 その際の販売価格(餌代金+送料)はお問い合わせください。なお、餌は外注ですので、回答に2日ほどかかります。

 時間の余裕をもってご注文下さい。

IMG_0552.JPG


nice!(1)  トラックバック(0) 

九州レプ申し込みました [ヤドクガエル]

11月5日に実施される九州レプの受け付けがありました。

前回は、申し込みが遅くなり出店ができなくなる状態になりました。

幸いに、数日前にキャンセルが発生しかろうじて出店はできましたが、同じ轍は踏みません。

今回は、募集開始当日に申し込みを完了しました。

完了後気づいたのですが、11月3日は、大阪ブラックアウトです。中一日おいて、連ちゃんのイベントになります。

忙しい日々となりますが、今年の終盤戦になりますので、気合を入れて頑張るつもりです。

IMG_0485.JPG

nice!(1)  トラックバック(0) 

いい話 [ヤドクガエル]

毎回のことですが、イベント後の行程はハードです。今朝も床に入った間は午前3時過ぎで、朝は6時には起床しました。

疲れています。

一昨日、ヤフーニュースで感動する記事がありましたので紹介します。

 半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終え

た後、故郷である佐賀唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。

「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

 搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。

 飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。
 
 日本人らしい、いい話だと思いませんか。
 
 これが本当のサービスだと思います。当店も、このような心遣いができるショップに成長したいものです。

リマーニレット (1).jpg

待ち遠しい、日々!


nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | 次の10件 ヤドクガエル ブログトップ